更年期障害の改善をローヤルゼリーで

健康や美容に活用されているローヤルゼリーには、女性特有の困った症状を改善する働きもあります。
年齢を重ねると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少し、更年期障害に悩む女性が増加します。更年期障害は人によって症状に違いがあったり、症状の深刻度も個人差があります。
ローヤルゼリーには、そんな更年期障害の症状を改善することができる成分が含まれていて、多くの人が症状緩和のために利用しています。
今回は更年期障害の改善をローヤルゼリーでできるわけをご紹介します。

更年期症状とは?

閉経を挟んだ前後10年である更年期、この時期には卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌量が激減します。この突然のエストロゲンの激減という変化に、体が対応することができず出現する症状を更年期障害と呼びます。
エストロゲンが分泌されにくくなることによって、自律神経の働きが乱れ、体にさまざまな不快症状があらわれてきます。このようにしてあらわれる症状を更年期症状といいます。
主な症状としてはのぼせや多汗、耳鳴りや頭痛、動悸といった体にあらわれる症状のほかにも、イライラや不安、不眠といった気持ちが強く関係する症状などがあります。

ローヤルゼリーに含まれる更年期障害を改善できる成分

ローヤルゼリーには、上記のような更年期障害の症状を緩和に導く成分が含まれています。更年期障害の原因となるホルモン分泌の低下、自律神経の乱れなどを改善することができる成分を摂取できます。ローヤルゼリーに含まれている更年期障害改善が期待できる成分をご紹介します。

デセン酸

デセン酸は自然界ではローヤルゼリーにしか含まれていない成分です。デセン酸は、体内で女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをすることがわかっています。
年齢を重ねエストロゲンの分泌量が減少してしまっても、ローヤルゼリーのデセン酸を補うことで、その働きを促進したリ円滑にしたりすることができます。

アセチルコリン

エストロゲンが減少すると、アセチルコリンという神経伝達物質の分泌も停滞してしまいます。アセチルコリンは血管運動神経を刺激し、血管を拡張する働きがあります。
アセチルコリンが不足すると血管の拡張、収縮といった働きが鈍くなり、血行不良によるむくみや冷え性という症状につながります。
また血管拡張と収縮のリズムが乱れ、のぼせや多汗といった症状も発症しやすくなります。
アセチルコリンは血管の働きを良くして、体温調節や発汗の調整などを行い、更年期障害の症状を緩和することができます。

エストロゲンの分泌や活動をサポートし症状緩和に役立つ栄養素

ローヤルゼリーにはタンパク質やアミノ酸をはじめとして、ビタミン、ミネラルなどたくさんの栄養素が含まれています。
体に必要不可欠な成分から、日々の食事では不足しがちな栄養素をバランスよく摂取することができ、体の内側から健康になることができます。
そんな豊富なローヤルゼリーの栄養素の中には、エストロゲンの分泌や活動を促進する働きを持つ成分も含まれています。ローヤルゼリーを摂取することで摂り入れることができる以下のような栄養素は、更年期障害の不快症状を緩和する働きが期待できます。

  • ビタミンB群・・・神経の働きを正常化し自律神経を整える。
  • 亜鉛・・・女性ホルモンの分泌を促進する。
  • カルシウム・・・精神を安定させ、気持ちをリラックスさせる。
  • ビタミンE・・・血流を促進しむくみや冷えを解消する。

まとめ

ローヤルゼリーを摂取して女性ホルモンの働きをサポートすれば、更年期障害の症状を改善することにつながり、自分らしい日々を過ごすことができます。
蜜蜂が作りだす自然の恵みであるローヤルゼリーを、ぜひ更年期障害の改善に役立ててみましょう。

(参考URL)
更年期にローヤルゼリー
http://www.mukogawa-health.jp/kounennki.html
ローヤルゼリーによる病気の予防と改善 更年期障害
https://www.karlsaliter.com/c3menopause.html