子宮筋腫とローヤルゼリー

女性特有の病気の中でも、特に患者が多い子宮筋腫は、成人女性の3割が罹患するともいわれています。ローヤルゼリーにはそんな子宮筋腫にも効果を発揮する成分が含まれているのをご存じでしょうか。
今回はローヤルゼリーが子宮筋腫改善や予防に良いワケをご紹介いたします。

子宮筋腫とはどんな病気なのでしょうか

子宮の壁に良性の腫瘍ができてしまうことを子宮筋腫といい、悪性ではないため命に関わることはめったにありませんが、月経異常や不妊症などの原因となってしまいます。
閉経を迎え女性ホルモンの分泌が減少する頃には収縮することも多いのですが、あまりに大きくなってしまった場合には閉経前に摘出手術をすることも珍しくありません。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫は婦人科の定期検診や不妊症、いつもとは異なる月経などで見つかることが多い病気です。子宮筋腫があると以下のような症状が見られることが多いでしょう。

  • 月経量の増加(月経過多)
  • 月経の経血に血液の塊が混じる
  • 酷い月経痛がある
  • PMS
  • 腰痛
  • 頻尿
  • 貧血
  • 下腹部の痛みやしびれ、圧迫感など
  • 不妊症

子宮筋腫の原因

子宮筋腫は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が多い年代に多く見られる病気です。まだまだ解明されていない点は多いものの、エストロゲンの影響によって子宮筋腫になることがわかっているため、閉経前の比較的若い年代に多いという特徴があります。
また、血行不良によって子宮筋腫になりやすくなるということもわかっています。冷え性になりやすい人は特に子宮筋腫に注意が必要です。

ローヤルゼリーが子宮筋腫に効果的なワケ

子宮筋腫は不妊症をはじめとして、月経異常や月経過多、月経痛や貧血など女性にとっては非常に深刻な不調を招きます。
そんな恐ろしい子宮筋腫には、ローヤルゼリーがおススメです。ローヤルゼリーは子宮筋腫の原因となる女性ホルモンを整えてくれます。さらに子宮筋腫になりやすいとされている血行不良を予防し、冷えやすい女性の体を冷えから守ってくれるからです。

デセン酸やアセチルコリンでホルモンバランスが整う

ローヤルゼリーに含まれているデセン酸には、女性ホルモンに似た働きをするという効果があります。またアセチルコリンはホルモン分泌に深くかかわっていて、自律神経を整える効果があります。
子宮筋腫はエストロゲンという女性ホルモンが過剰に働いてしまうことが大きな原因です。ローヤルゼリーのデセン酸は、女性ホルモンの働きを調整し、バランスを整えてくれます。
またアセチルコリンの働きによって自律神経が整うと、ホルモン分泌がスムーズになります。女性ホルモンの分泌量が整うことで、PMSや月経異常など子宮筋腫にまつわる女性特有のさまざまな不快症状を緩和してくれます。

豊富なビタミンB群で血行促進

ローヤルゼリーには子宮筋腫の原因となる血行不良を改善する成分も豊富です。特に注目すべきはビタミンB群だといえるでしょう。
ローヤルゼリーには豊富なビタミンBが含まれていて、体全体の血行を促進し冷えを改善、体を温めてくれる働きがあります。
女性に多い冷え性を効果的に改善できるビタミンBを、一度に豊富に摂取することができ、子宮筋腫を効果的に予防したリ改善したりできるというメリットがあります。

まとめ

子宮筋腫は女性にとっては非常に身近で、誰でも疾患するリスクのある病気です。日ごろからローヤルゼリーを摂取することによって、ホルモン分泌やバランスを調整し、血液循環を良好にしておくことで子宮筋腫の予防にもつながります。女性の体にうれしい効果のあるローヤルゼリー、ぜひ継続摂取するようにしましょう。