ローヤルゼリーで女性の骨密度を維持

加齢とともにエストロゲンが減少すると、さまざまな不調や病気へとつながってしまいます。骨密度が低下し骨粗しょう症になりやすくなるというのも、エストロゲンの分泌量が減少していくことに深く関係しています。
加齢に伴って減少していく骨密度、実はローヤルゼリーを摂取することで骨密度を維持し、骨粗しょう症などの病気を防ぐことができるのをご存じでしょうか。

骨密度が減少してしまう原因

常に強度を維持しているようなイメージがある骨ですが、骨は新陳代謝を繰り返し強度を保っています。古くなった骨は破壊され、常に新しい骨が形成され作り替えられているのです。
本来であれば常に新しい骨が作られ、一定の密度や強度を保つべき骨が、どうして骨密度減少という状態になってしまうのでしょうか。

エストロゲンと骨密度の関係

女性ホルモンであるエストロゲンは、毎月の月経や妊娠出産に深くかかわっているホルモンです。そしてこういった女性特有の体の機能のほかにも、脂質の代謝や血管の維持、骨の代謝にも深くかかわっているのです。
エストロゲンには骨を作る細胞「骨芽細胞」の働きと、古くなった骨を破壊し血中にカルシウムを排出する「破骨細胞」の働き、この2つの骨代謝のバランスを調整する働きがあります。
エストロゲンの分泌量が年齢とともに減少してしまうと、こうした骨代謝のバランスが崩れてしまい、骨密度を維持することが難しくなります。

骨粗しょう症とは?

骨粗しょう症は、エストロゲンが減少することによって骨芽細胞の働きよりも破骨細胞の働きが上回ってしまい、骨の破壊が形成よりも進行してしまうことで起こります。
骨を上手く形成することができなくなる一方で、カルシウムがどんどん血中に溶けだし、骨の密度が低下します。
そうなると骨はスカスカになり強度を失います。ちょっとしたことで骨折をしてしまったり、咳やくしゃみなどほんの小さな衝撃でも、いつの間にか骨折をしてしまうこともあります。

ローヤルゼリーのデセン酸で女性の骨密度を維持できる

ローヤルゼリーにはデセン酸という独自成分が含まれています。このデセン酸にはさまざまな健康効果がありますが、体内で女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするという効果があります。
エストロゲンにはカルシウムの吸収を助け、古くなった骨の細胞を排出するという代謝の働きがありますが、この骨の代謝の働きをデセン酸が補助してくれるのです。
年齢を重ねエストロゲンの量が減り、骨代謝の機能が低下しても、ローヤルゼリーでデセン酸を補うことによって骨密度を維持していくことができるのです。
実際に、実験ではローヤルゼリーを与えられた更年期の骨では骨中のカルシウムの量が増加したという結果が出ています。

まとめ

骨密度をアップし、丈夫な骨を維持するというと、真っ先に思いつくのがカルシウムですが、カルシウムを補うだけでは骨密度をアップしたリ維持したりすることはできません。
体内でエストロゲンが働くことによってカルシウムが吸収され、骨の形成が促されるのです。
ローヤルゼリーのデセン酸は、この骨の形成と破壊というエストロゲンが担う重要な働きを助け、骨密度を維持することができます。