ローヤルゼリーとエストロゲンの関係性は

さまざまな健康効果や美容効果があるとして知られているローヤルゼリーには、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの働きを助ける成分も含まれています。
年齢とともに分泌量が減少してしまうエストロゲン、ローヤルゼリーを摂取することによって崩れやすくなるホルモンのバランスや働きを調整することができるのです。
今回は、ローヤルゼリーとエストロゲンの深い関係性についてご紹介します。

女性ホルモンとは?

女性の体の働きは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンによってコントロールされています。この2つの女性ホルモンが一定の周期で分泌量を変化させることによって、女性の各器官や機能を調整しているのです。
エストロゲンには、女性らしい体作り、そして健康維持という重要な働きがあります。さらに子宮内膜を厚くする、乳房を発達させるといった働きもあり、妊娠するために必要な体を作る役割のあるホルモンだといえるでしょう。
プロゲステロンは、体温を上昇させ排卵を促すホルモンです。排卵と同時に子宮内膜の状態を整え、着床しやすいようにするという働きもあります。
着床しなかった場合には、分泌量が減少し子宮内膜の体外排出、つまり月経が起こります。着床し妊娠が成立した場合には分泌され続け、妊娠状態を維持していくという役割を果たします。
この2つの女性ホルモンのうち、とくにエストロゲンは女性にとっては妊娠出産だけでなく、健康や美容の維持、そして更年期の時期にもなくてはならない働きをするホルモンです。

エストロゲンの働き

前述の通りエストロゲンには女性が妊娠できる体にする働きがあります。その他の働きは以下の通りです。

  • 肌の保湿力を高める
  • 髪や皮膚の艶を促進する
  • 骨、血管などの強化
  • 善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減少させる
  • 代謝を促進
  • 感情を落ち着かせる

エストロゲンが減少するとどうなる?

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、思春期から30歳くらいまでが分泌量のピークとなり、その後は減少の一途を辿っていきます。
40代中盤から50代にかけて、つまり更年期といわれる年代になると分泌量がガクンと落ち、次第に分泌されなくなっていきます。
エストロゲンが減少すると、更年期障害の症状をはじめとして、さまざまな不快症状、体の変化があらわれます。エストロゲンは女性らしい体作りや妊娠だけでなく、その他にも体にとって重要なさまざまな役割を果たしているからです。
エストロゲンが減少してしまうと、以下のような老化という言葉では済まされないような不調を招いてしまいます。

  • 骨粗しょう症
  • 血管の弱体化や筋肉の減少
  • 動脈硬化や脳梗塞
  • 乾燥肌や肌荒れ、肌トラブル
  • 倦怠感や眠気
  • 火照り、のぼせ、冷え性
  • イライラや憂鬱、不安感

ローヤルゼリーに含まれるエストロゲンを助ける成分

年齢を重ねると分泌量が落ちてしまうエストロゲン、不足することで不快症状や不調の原因となってしまいますが、ローヤルゼリーでエストロゲンの働きを助けることができます。
ローヤルゼリーには体内でエストロゲンに似た働きをする成分、さらに乱れがちなホルモンバランスを整える働きのある成分が含まれているからです。

デセン酸はエストロゲンに似た働きをする

ローヤルゼリーの独自成分デセン酸は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た働きをするということがわかっています。
エストロゲンは思春期から分泌され始めるようになり、30代後半くらいから年齢を重ねるごとに分泌量が減少してしまいますが、どの年代においてもデセン酸が常にその働きを補って活動してくれます。

思春期は生理不順改善に役立つ

思春期から成人になる頃にかけて急激に分泌量が増える時期、エストロゲンを生産する卵巣の働きはまだまだ未熟で、生理周期が乱れたり生理痛が起こりやすい状態です。デセン酸がエストロゲンの働きを助け、排卵や生理を安定させてくれます。

女性特有の病気の予防に

分泌量がピークになる20歳くらいからは妊娠出産に適した時期に入りますが、エストロゲンの分泌量は年齢とともに減っていきます。30代半ばに入る頃には卵巣機能が衰え、エストロゲンが減少し始めてしまうのです。それに伴い女性特有の病気である子宮がんや子宮筋腫、乳がんなどに気をつけなければなりません。デセン酸を補うことによって減少の一途をたどるエストロゲンを補い、健康維持や病気の予防をしていくことができます。

更年期障害の改善に働きかける

更年期に入ると、エストロゲンの減少が著しくなり、それに伴って出現する更年期障害の症状に悩まされます。デセン酸はエストロゲンが減少することによっておこる更年期障害のさまざまな不快症状を緩和し、更年期の時期でもイキイキと過ごすことができるようにしてくれます。

中高年に多い病気を予防する

閉経後にはエストロゲンの分泌がなくなります。血中の脂質を低下させたり、骨や筋肉の働きを保つエストロゲンがなくなってしまうため、動脈硬化や骨粗しょう症などの病気になりやすい状態です。デセン酸は分泌されなくなったエストロゲンに変わり、骨や筋肉、血管の維持をしてくれます。

アセチルコリンはホルモンバランスを整える

さらにローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンには、乱れたホルモンバランスを調整する働きがあります。
年齢を重ねるとエストロゲンなどホルモンの分泌量が減少するため、ホルモンバランスが崩れやすく、自律神経が乱れがちになります。エストロゲンが減少したことによって、脳の視床下部という部分が混乱を起こし、自律神経のバランスを保つことができなくなってしまうのです。
この状態が続くと、自律神経失調症という症状を引き起こします。イライラしたリ落ち込んでしまうことが多く、感情のコントロールが難しくなります。
アセチルコリンは自律神経に作用し、バランスが乱れがちな女性ホルモンを調整することができるのです。

まとめ

ローヤルゼリーは、女性の体に重要なエストロゲンに似た働きをするデセン酸、そして自律神経に働きかけホルモンバランスを整えるアセチルコリンが含まれています。
体内のエストロゲンの分泌量は、年を重ねるごとに確実に減少しています。減っていくエストロゲンの働きを助け、ホルモンバランスを整えることは、いつまでも若々しさを維持すること、女性らしくいること、そしてイキイキとした自分らしい将来を守ることにつながります。
ローヤルゼリーで減っていくエストロゲンの働きを補っていきましょう。

(参考URL)
女性特有の症状にローヤルゼリー
https://www.americaisraelchamber.com/woman.html
ローヤルゼリーとエストロゲンの関係性は
https://www.cyber24.com/htm2/5_350.htm
ローヤルゼリーで女性ホルモンを整える
https://www.ghanapostgh.com/female-hormone.html
ローヤルゼリーで40歳からの健康維持
https://www.onlinetopcolleges.com/resources/admin.php
ローヤルゼリーとエストロゲンの関係性は
https://www.nanomedicinecenter.com/article/russia-heavily-investing-in-nanotech/